【今週のネイル】CHANEL #18 ROUGE NOIR

2020-03-03

こんにちは。マヒナです。

12月はクリスマスっぽい色にネイルを塗り替えています。

今週はこの時期になると必ず1度は塗っているシャネルヴェルニの伝説のカラー、ルージュ ヌワールを塗ってみました。

伝説の血豆色 #18 ROUGE NOIR

1995年に発売し、ネイルポリッシュとして初めてのソールドアウトをした伝説のカラー。

映画『パルプ・フィクション』でユマ・サーマンが塗っていたのがこのルージュ ヌアールです。

アメリカでは”ヴァンプ”と呼ばれ、映画を見て買った人もたくさんいたそうです。

今でもシャネルのネイルポリッシュではいちばん売れているカラーだとか。

定番色なのでいつでも買えるカラーですが、私が持っているのは2015年のクリスマスコフレで発売された限定ボトル。

通常はフタやブラシに付いているシャネルマークは白色ですが、この限定ボトルはマークもポリッシュと同じ色。

発売から20年を記念してコフレとして出た限定パッケージです。

まさに血豆色。照明や見る角度によって、黒っぽかったりワイン色に見えたりする濃い深いボルドーカラー。

秋冬にはもちろんピッタリな色ですが、夏でも時々塗りたくなります。

真っ白なシャツや黒いTシャツにデニムの時にこのネイルでもかっこいい!

2度塗りでボトルと同じ色になります。日本ではあまり人気がなさそうなカラーだと思っていましたが、限定ボトルだからか当時はすぐに売り切れた記憶があります。

男性受けは決して良くない、「モテ色」ではないこの血豆色。ココ・シャネルの誰にも媚びない生き方にマッチしているような気がします。

限定品として出たトップコートと重ね塗りでクリスマス気分

そんなルージュ ヌワールと一緒に塗ったのが 2015年に限定品で発売された「ル トップコート ラメ ルージュ ヌワール」。

クリア系ボルドーのベースにゴールドのフレークラメが入っています。

シャネルらしい落ち着いた発色のゴールドラメ。ボトルの見た目よりずっと落ち着いたホログラムラメで悪目立ちせず、ベースをどんな色にしても合いそうです。
(私はまだルージュヌワールとしか合わせたことがないけど・・・)

今回は爪全面にではなくポンポンと置くような感じで塗ってみました。爪先に向かって流れるような感じで。

トップコートの扱いですが艶はイマイチ。この上からクリアのトップコートを塗ったほうがツヤツヤな仕上がりになります。

20年経っても不動の18番

シャネルのヴェルニは数年前にリニューアルして、現在は品番も3ケタとなっています。

しかし、この #18 ROUGE NOIRと #08 PIRATE(ピラート)だけは品番はそのまま。

ピラートはシャネルお得意の艶のあるレッドカラー。

不動の品番にしているあたり、この2本がシャネルにとっても特別な色であることを物語っています。

きっとこれからもシャネルのヴェルニ18番はこのブラックレッドなのでしょう。

もっと年齢を重ねてシワシワのおばあちゃんの手になっても、このルージュ ヌワールは塗り続けたい色です。

2020-03-03