今の自分に満足できないなら「感謝ノート」を書いてみよう

notebook

こんにちは。マヒナです。

年末年始の忙しさもあってちょっとしたことでイラッとしちゃったり、変な執着心があったり・・・と感情をコントロールできないことが続いた私。

そんな中「感謝ノート」を書き始めました。

1か月ほど続いていますが本当に簡単で気分の波が穏やかになっていくのがわかります。

私が実践している「感謝ノート」の方法とその効果をご紹介します。

「不足」や「ない」ばかりにフォーカスしてしまう

仕事もプライベートも何かと忙しいと、ネガティブな感情やうまくいかないことばかり気になったりしませんか?

  • 私ばっかり・・・(忙しい・面倒な仕事ばかりさせられる・・・など)
  • どうせ・・・(無理・うまくいかない・私なんか・・・など)
  • なんで・・・(〇〇してくれないのよ!・うまくいかないのよ!・・・など)

そういう時って決まってうまくいかないことが続いて負の感情の無限ループに陥るのですが、自分からこの無限ループにはまっているのをご存知でしょうか?

「今」感じていることが目の前に現れるからです。

「あーぁ、うまくいかねぇな・・・」って思っていたらうまくいかない現実が目の前に現れる。人生思い通り

「愛されない」と思っていれば「愛されない」現実を、「お金がない」と思っていれば「お金がない」現実を見ることになるんですね。

『潜在意識』や『引き寄せ』などに興味のある方なら何度も目にしたことがあると思いますが、これ思いませんか?

「わかってるけど現実ないもんはない!」って。私も最近まではそう思っていました。

「不足」や「ない」ばかり考えていると、「不安」や「ない」が見事に現実化しちゃうんだYO!ってことをまず意識する。
で、そこからできるだけ早く意識を遠ざけるにはどうしたらいいのか?ってことなんです。

意識を「今あるもの」に向けるための「感謝ノート」

年末から今年の初めにかけての私はまさに執着の塊でした。

「どうしてこうならないんだ!」
「どうしてこの人は○○してくれないんだ!」
「私はこんなに○○してあげているのに!」

・・・今思い出すだけでも自分が嫌になりますが、私の場合、定期的にこんな状態になるのです。
そしてこんな状態のときは決まって誰かに攻撃的になる。特に一番近くにいる家族に。

今年こそはもう少しこの感情の乱高下を何とかしたい!
そう思って始めたのが「感謝ノート」でした。

感謝ノートで「今あるもの」に気づいて自分に満足する

thanks

「不足」や「ない」ばかりを睨み続けることをやめて、「今あるもの」を自分の目の前に出していく作業が「感謝ノート」です。

今日あったいいことや嬉しかったことをノートに書きだしていく。そのことに感謝する。

「ない」ものしか見えない眼鏡から「ある」ものがたくさん見える眼鏡に替えるという感じです。

どうせ数えるなら「ない」ものを数えるより「ある」ものを数えたほうが楽しいし、実際やってみて本当に楽しいし幸せなのです。

だから毎日続けられる。
続けることがいちばんの目的なので、シンプルに自分が続けられそうな方法で始めてみてください。

私の「感謝ノート」の書き方

「感謝ノート」で検索するとよく出てくるのが願い事と感謝することを分けて見開き1ページに書くというものですが、私の場合は願い事は書きません。

願い事とセットで書くと願い事のために感謝することを書いちゃいそうだし、そんなに毎日願い事ないし。
考える時間ばかりかかって書くのが楽しくなくなりそうなので。

私は一日の終わりにノートを開き、その日あったいいことや感謝することを10個書いています。

10個もないよー!と思うかもしれませんが、どんな小さなことでも当たり前だと思っていることでも感謝できることはあるはず。

例えば私は、

  • 今日も無事に朝を迎えられた。ありがとう!
  • おいしいご飯が3食食べられた。ありがとう!
  • 温かいお風呂にゆっくり入れた。ありがとう!

などです。

これくらいなら誰にでも10個は書けると思います。

  • スマホが使える環境がある。ありがとう!
  • コンビニでコーヒーを買えるお金がある。ありがとう!
  • 1本早い電車に乗れた。ありがとう!

などなど・・・書こうと思えばいくらでも書けそうではありませんか?

毎日10個よかったことや感謝したいことを書いて、その後に「ありがとう!」を書いています。

ノートは何でも構いません。
お気に入りのノートでもいいし、家にあるノートでも毎日使っているスケジュール帳でも。

スマホのメモアプリなどに入れてもいいし、絵が得意な方はイラスト付きでも。
続けられる方法なら何だっていいと思います。

私は夜寝る前にその日の感謝したいことをノートに書いてそれを見直し、

Left Caption

マヒナ

ああ、今日も素晴らしい一日だったな・・・ありがたいな。

としみじみ感じて眠りについていますが、時間のあるときなら朝でもお昼でもいいと思います。

「感謝ノート」の効果

ちょっとしたことでも「ありがとう」がすぐに言えるようになる

毎日小さなことに感謝して満足しているので、どんな些細なことでも誰かに何かをしてもらったらすぐに『ありがとう』と言えるようになりました。

これは実際にしてもらったことでももちろんですが、LINEやメールで優しい言葉をかけてもらった時もです。

コンビニやレストランで支払いをした時も、会社に配達に来る宅配便のドライバーさんにも、以前は結構意識して言っていましたが今は本当に自然に気持ちを込めて言えるようになりました。

あとはなかなか言えない身近な家族にも自然に言えるように。
それだけで家の雰囲気が穏やかに優しくなるのがわかります。

自分に満足=他人にも満足

私はこのままで満たされている。
と常に感じているので、他人への要求もなくなります。

「あなたはそう感じているのね~」でそれ以上の感情がなくなりました。

「私は私のままで、あなたもあなたのままで」と許すことができるので、人間関係もよりスムーズになって本当に日々穏やかに生活できます。

人の悩みはほとんどが人間関係と言われますが、ここで悩まなくなるのでほとんど悩みが消えてしまい毎日感情に振り回されることもなくなりました。

小さなご褒美は頻繁にもらえる

lucky

会社でも家でもちょっとしたご褒美は毎日のようにいただいています。

地元では美味しいと有名なお菓子だったり、掃除をしていたら昔主人がもらったハーゲンダッツのギフト券がたくさん出てきたり。
「今日お昼ごはん何もないなー」なんて思いながら家に着いたらお義母さんがお弁当を買ってきてくれていたり・・・。

常にこういうちょっとした嬉しい出来事が起こっています。

こういう小さな幸せをたくさん経験して自分の「引き寄せ体質」を実感することはとても大切。
そしてそれを繰り返していると執着もしなくなります。

『これ』が欲しい!と思っていたけど、『これ』がなくても私は幸せだし満たされている。

そう心から感じるとすごく欲しかった『これ』はいつの間にか手に入っていたりするから不思議!

寝る前に書くと睡眠の質が上がる

「今日も幸せな一日だったー!」と満たされて眠りにつくのでとても良く眠れます。

明日が来るのが楽しみになるなんて子供の頃でもあまり思ったことがない私ですが、今は毎日「明日はどんないいことをノートに書けるのかな?」なんてワクワクしながら眠っています。

翌朝も穏やかな気持ちで目を覚ますことができるので「睡眠って本当に大切だなー」と実感しています。

今後は「感謝+引き寄せノート」にしたい

今はまだ欲しいものや引き寄せたいことなどは書いていませんが、今後は大きなご褒美も引き寄せたいなーとも思っています。

ノート1冊終わるまでは感謝だけを書いていき、2冊目を書き始めるころには欲しいものを書いていこうと計画中です。

どんなにノートに断言法で書いても、そこに「無理でしょ?」みたいな疑いがあると引き寄せは難しいと言われています。
「あって当然」「あるのが普通」という状態に近づけるように、今は自己肯定感アップ期間中です。

もしも「どうせ私なんか・・・」と自分で自分を貶めているようなら、自分の価値を自分で認めてあげるためにも「感謝ノート」を続けてみることをおすすめします。

小さな幸せに気づくことができた人が大きな幸せを受け取れる。
そんな気がします。